お知らせ/ブログ
TOPICS/BLOG

2016.02.13

中古タイヤの場合・・・

ども。

Tirework UP’s

です。

いや今日は暑いくらいですね!?

半袖ツナギ出そうかな(笑)

そんななか、

当店よくある御依頼に

中古タイヤの持ち込みタイヤ交換が御座いますが、

特にネットオークション等にて

購入されるバヤイには

ご注意くださいね!!

例えば、

IMG_4068

一見、バリ山バリ溝でいい感じのタイヤですが、

良~く見てみると・・・

FullSizeRender

溝の部分にヒビ割れ(クラック)が・・・

さらに

IMG_4071

外周ぐるりとヒビ割れ(クラック)してます。

ちなみにこのタイヤ

IMG_4064

1602と表記されていますが

前の2ケタが製造週

後ろの2ケタが製造年(西暦)

ですので2002年の16週目製造になります。

16週だと4月頃っすかね!?

なので

約14年前のタイヤになります。

タイヤメーカーH/Pや

カタログにも記載されています様に

溝が残っていも

5年以上経過したタイヤについては

継続使用に適しているか

販売店や専門店等での点検を、

10年以上経過したタイヤは

新品タイヤに交換することを

推奨致しております。

中古タイヤ購入の場合は

残り溝も大事ですが、

タイヤにも寿命が有りますので

これから何年そのタイヤを使いますか!?

的な事も、お考え頂きたく思います。

しがないタイヤ交換専門店からの

お知らせでした。

宜しくお願い致します。

    横浜市の持ち込みタイヤ交換店
              

        川崎、世田谷、大田区

Tirework UP’s

   タイヤワーク    アップス

  http://tireworkups.com/